経絡を意識した指圧マッサージ

東洋医学というものは、面白いもので、とくに大事なツボ(経穴)は手足にあるとされています。

手足と言っても、リフレクソロジーや足つぼマッサージでよく使われる手のひらや足の裏ではありません。

 

経絡治療でとくに重宝されるツボ(五行穴)は、肘から手の先まで、そして、膝から足先までに集中しています。

 

鍼灸では、急性の痛みは主に局所(例えば腰痛なら腰の筋肉)に施術をするのですが、慢性の痛みの場合は、局所+手足のツボに鍼を刺すことで、体質を改善させていきます。

 

この考え方はとても重要です。

指圧やマッサージをするときも手足のツボ(五行穴)を意識して施術することで施術の効果が持続するからです。

 

ツボを意識せずマッサージしてもリラクゼーションの域を超えることができません。

 

私の仕事は、患者さんの疲れにくい身体作りをお手伝いすること、病気を未然に防ぐことなのでこの手足のツボ(五行穴)をこれからも研究し続けたいと思います。

 

ゆるりら治療院
メニュー
電話
友だち追加数
| Posted in マッサージNo Comments » 

関連記事