梅雨の時期のだるさを解消する方法

tuyu

『梅雨だる』

 

インターネットで検索している時、

ふと目にしたんですけど、

梅雨だるって言葉があるみたいですね。

 

字のごとく、梅雨の時期の身体のだるさのことなんですけど、

 

そもそも

何故梅雨の時期は身体がだるくなるのでしょう?

 

それは低気圧の状態が続くことで、

副交感神経が優位になり、

身体がお休みモードになるからなんですね。

 

 

身体は疲れてないのに、身体が重い状態。

もっともっとずっと眠り続けていたい気持ち。

 

分かりますよ。その気持ち。

 

でも、血のめぐりが悪くなって身体がだるくなっているので

身体を動かすべきなんです。

 

肩こり、腰痛、頭痛なども改善されますよ。

 

最近、患者さんを診ていて、

身体を使っている仕事の人ほど梅雨だるを感じてない傾向に

あると分かりました。

逆に事務系の仕事の人ほど、この時期は身体がしんどいと言ってます。

 

 

だから、僕も試しに2週間前から毎晩40分ほどのウォーキングをはじめたんですけど、朝の目覚めがすこぶる良くなりました。

 

こういった当たり前でよく聞く耳にする話って、

『はいはい、そうですね。』と流し聞きをして流しがちですが、

今、気だるさを感じている人は是非試してみてください。

 

梅雨明けよりも前に、気持ちが晴れるかもしれませんよ。

 

ゆるりら治療院
メニュー
電話
友だち追加数
| Posted in 自律神経No Comments » 

関連記事