テニスで右手首を痛め、鍼治療で改善した話

こんにちは。

ゆるりら治療院の大江です。

 

確定申告も終わり、一息付いたので最近テニスをはじめました。

 

テニスは10年前から、「いつかしたい」と周りに豪語していたのですが、いつかしたいという人に限って結局しないものですよね。

 

でも、僕の場合は、「いつかしたい」と言ったことは、今振り返ると長い年月を経て叶えてきた気がします。

 

・いつか海外で一人旅がしたい。

・いつか自分のお店を持ちたい。

・いつかサーフィンをしたい。

・いつかテニスをはじめたい。

 

どうやら僕の願望は、口に出して5年〜10年をかけて達成するようです。

 

さて、患者さんから紹介されたあるテニスサークル?に所属したのですが、練習時間が朝6時から開始なのです。

 

朝6時開始ってことは、起きる時間が4時50分てこと?

すごく早いです。

 

でも、朝焼けでオレンジ色に染まるグランドの中でするテニスは最高でした。

朝の空気って澄んでて気持ち良いですしね。

 

そして、はじめてのテニスをしたあと、右手首が痛くなりました。

フォームがまだ形になっていないので、打球の力を受けて手首を傷めたのです。

 

その日は10時から仕事だったので、この痛む手首のままで仕事は辛いな思いつつ、自分で手首をマッサージしてました。

 

それでも右手首を動かす度に、キャッキャツと電撃の痛みが走るのです。

 

そこで、あっそうだ!鍼をしてみようと思い、右手首に一本だけ細い鍼を軽く刺してみました。

 

その瞬間、心地良い響きが伝わり、すーっと痛みが消えていきました。

 

久しぶりに自分の身体で体感したこともあり鍼の力には感動しました。

 

その日は仕事をすることが出来ました。

 

が、次の日の朝になって、3割くらい痛みが戻ってきました。

 

そこで、もう1発。

 

今では、すっかり手首の痛みはなくなり、次のテニスがある日を楽しみにしています。

 

でも、原因はフォームの崩れにあるから、これを何とか改善しないとなーと思います。

ゆるりら治療院
メニュー
電話
友だち追加数
| Posted in 鍼治療No Comments » 

関連記事